×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はじめての住宅ローン入門その1



銀行の収入基準は?

銀行の住宅ローンの審査において、収入についてはどのような点を重視するのですか?

銀行の住宅ローンの審査で収入については、次のような点が重視されます。

住宅ローンを組む人の年収
サラリーマンは税込の年収(額面)、自営業者は税金を計算する際の基になる所得が見られます。

一般的な下限は200〜400万円ですが、これはあくまでも目安になります。

ちなみに、基準に満たない場合には、妻に収入があればそれも合算して申込むこともできます。

返済比率
返済比率というのは、年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合のことですが、次のような算式で求めます。

⇒ (年間住宅ローン支払額+その他のローン)÷税込年収

この返済比率は、金融機関がローンの上限を決定する際の目安になりますが、一般的な上限は35〜40%程度です。

なお、ある程度ゆとりのある返済を考えると25%程度、理想的には20%程度までがベターと言われています。

例えば、年収400万円で、年間の住宅ローンの返済額の合計が120万円だとすると、120万円÷400万円=30%ということになります。

ちなみに、このときの年間返済額を求める際の金利は、借入金利ではなく審査金利なので注意が必要です。

なお、年間返済額の審査金利については、現在は4%程度というところが多いようです。


申込は外国人でもできる?
銀行の収入基準は?
退職間近の申込は?
家族の収入と負債への審査
収入合算していて離婚した場合は?
銀行の収入以外の審査のポイントは?
前年に海外勤務だった場合の収入証明は?
収入合算とは?
妻が産休中の場合は?
収入条件の収入とは?
転勤して帰ってきた
郷里にマイホーム新築
転勤で単身赴任した場合
交付が翌年、住宅金融公庫貸付け
住宅ローン残高、金利・手数料
金利、手数料、住宅ローン控除
福利厚生業務を行う法人、借入金
共済組合、住宅ローン
フラット35(保証型)、借換え
フラット35メリット
使用者から時価の半分未満、住宅購入

Copyright (C) 2011 はじめての住宅ローン入門その1 All Rights Reserved